The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
2009-12-13 Sun 19:50
LOVEには、
コンンディショナルLOVE(条件付の愛情)と、
アンコンディショナルLOVE(無条件の愛情)の
2通りがあると思います。

コンディショナルLOVE(条件付の愛情)は、
愛情を注ぐのに何かと条件をつけること、
「あなたが私を愛してくれるなら、
私もあなたを愛します」的な愛情。
「背が高くてハンサムなら、
彼氏にしても良いかしら」とか、
「あなたが優しくしてくれるなら
私も優しくします」など、不安定に
自分の愛情が環境や相手に振り回されやすく、
とかく愛情表現する時に条件をつけてしまう。

その反面、アンコンディショナルLOVE(無条件の愛情)は、
ちょうど母親が子供を思う愛情の様に、
小さい時にはおねしょをし、夜鳴きをし、
少し大きくなると反抗したりぶつかり合い、
またつらい思いもさせる、だけどそういった部分も許し、
受け止め、いつも変わらない無条件の愛情を注いでくれる。

または、自分が家族に対する気持ちも
それに似ている人が多いのでは?
どんなにけんかしたりしても、「あきらめ」とか
「がまん」よりも、なんだかんだ「許す」ことができ、
変わらぬ愛情を抱く事ができる。

最初からアンコンディショナルLOVEを
相手に注ぐ事が出来るのは、たぶん菩薩か
マザーテレサくらいでしょうが、
相手を無条件に受け止めようという思いと努力は、
お互いのアンコンディショナルLOVEに
少しづつつながってくのではないでしょうか?
そんな恋愛や結婚ができたら、本当に
心から安定し、幸せだなと思う。

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<ストレスとの向き合い方 | LBW | 自分ばかり損をしていると思うな>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| LBW |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。