The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ストレスは「恰好悪い」
2009-10-25 Sun 21:01
田中久子さんの「生きる美学」を読み返しました。

ストレスは「恰好悪い」

心にぐざっときました。
以前にも気にとまり、ページを折り曲げていましたが・・・

悩んだときはグジグジ考えないで、まず何が悩みの原因か探す。
その場で結果が出るものならその場で解決。

仕事上のトラブルなら、
なぜNGが出たか、なぜこういう事態になったのか
その原因を人と話合うことで問題が明らかになるし
解決策も見える。

人は言葉を使うことでいくらでも自力で解決していくことができる。


悩みをストレスにしないのは自ら解決しようとしないから。
自分で解決も解消できるのに
相手に言う、話し合う勇気がないため
誰かや何かのせいにしてストレスを作っているだけのこと。

ストレスは自分の勇気のなさ、自分の弱さの証。
(だから)ストレスがあるのは恰好悪いこと。



なるほど~と思ってしまいました
最近あることを抱えていて
話し合ったり、話し合っても答えが宙ぶらりんで・・・
それはすぐに答えは出ないかもしれませんが
自分だけの願望ではなく、相手の立場でも物事を考えてみよう
そして相手が動けるように
自分の気持ちも伝えようと思いました。

もう1つ「言霊は大切」とあり
あ、よくない言葉を自然に発していたなーと反省。

やはり本を読むのは内省につながりいい機会です。

スポンサーサイト
別窓 | Words | コメント:0 | トラックバック:0
<<「叱る量の5倍ほめろ」 | LBW | 意識次第>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| LBW |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。