FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「7つのフレームワーク力」3  思考の六段階モデル
2008-07-18 Fri 06:48
勝間和代さんの「7つのフレームワーク力」

ベンジャミン・ブルーム博士(教育学者)の思考の六段階モデル。
思考の段階を「知識-理解-応用-分析-統合-評価」に分類して
各分野の能力向上させるトレーニングが教育上必要という理論だそうです。


下記は”階層構造”
知識 暗記力(事実・言葉・やり方・分類を知っている)
理解 内容を解釈したり、言い換えたり、説明したり、推量る能力
応用 知識を1つの状況から別の状況に移すことができる能力
分析 全体の中の部分を見つけたり、区分けしたりできる能力
統合 部分を組み合わせて、統一された全体をつくりだせる能力
評価 基準を使って情報の価値や使い道を判断できる能力


私は大学受験組です。
受験勉強では知識(暗記)、理解(解釈)と
ときおりの応用はあったけれど、それ以上って
大学のゼミまでなかったと思う。
中高一貫の私立やインターナショナルスクールはどうなのでしょうか?
私は自分の子供に同じ勉強方法はさせたくないと思います。


知識で終わっていることは借り物の知識で
理解-応用-分析-統合を経てはじめて自分の血となり、肉となるそう。


「なぜ?」を5回繰り返すと
自動的に思考が深い層にたどりつけるそう。

知識のレベルでとめずに
日常的に「知識-理解-応用-分析-統合-評価」を回転させることが大事だそう。

実践て難しいかも。


次回はこれを実践することで得られることです。
TBC
スポンサーサイト



別窓 | Books | コメント:0 | トラックバック:0
<<「アンナと王様」 | LBW | パイオニアの引退>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| LBW |