The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
最初に相手の利害から考えよ
2009-12-22 Tue 10:45
今週の勝間さんのお言葉。

なるほど・・・・
仕事のかけひき(特に社内)、恋愛でも実はすべてはそうですよね。

友達にとっても地頭のいい人がいて
「私に手に入らなかったものはなかった」と言い切るほど
自分の発言の影響、タイミングを考え
ほしいときほど冷静に分析して
相手をコントロールできる人がいます。

おばかなので
20代後半までそういうこと意識したことなく
もっと早くこの習慣ができていればと思うのです。

仕事も・・・
社内の評価って実は公平じゃないですよね。
感情で評価されるから
いい評価をされる環境を自分で作る
キーパーソンを抑える。
それ以前に本当に仕事で実績、評価を作って
「この人だから」
何かあっても「この人ならしないだろう、何かの間違いだろう」と信じてもらう。


恋愛も
今ここで感情でが~っと言ってしまいたいけど
今は言葉を飲み込む。
色々言いすぎない。
恋愛では「待つ」ってことでしょうか。
相手に自主的に動いてもらう
居心地のいい環境を与える。。。

相手の「利害」から考える。
これも彼女の発想に近いですね。
相手の利害・・・・
仕事と恋愛の利害は何か・・・・今すぐ浮かびませんが考えてみます。





今回は、私が人と交渉するときに、心がける習慣にしている言葉です。

 なぜなら、私たちはどうしても、すべての軸を自分に置いて、自分自身の価値観や思考習慣、利害にとらわれてしまいがちだからです。

 何か自分が望まないことを断るという状況を、セミナーなどでさまざまな方に実演してもらうことがあります。そのとき、訓練を受けていない人は9割方、「自分の利害の説明」から始めようとしがちです。

 例えば、会社の利益になるとも思えない残業を命じられたり、法令や規則違反ギリギリの仕事を依頼されたりする場面で、ほとんどの人は「自分はそれをしたくない」とだけ言い張ったり、あるいは適当なその場しのぎの理由でごまかそうとしたりします。

 ところが、本当に必要なことは、それを行うと相手にどんな不利益があるのか、また相手にとってよりよい代替案は何なのか、しっかりと説明することなのです。

 なぜなら、自分を含めて、すべての人は自分の利益中心に動きます。だからこそ、他人を動かすときには、相手の利害を説明し、相手の心に納得させなければなりません。

 経済学でも社会学でも、さまざまな人の利害を一致させ、同じ行動をとらせるようにすることは永遠の課題です。それを考え続け、システムとしてなんとか構築したのが、経済学では資本主義、社会学では議院内閣制です。

 すなわち、自分と相手の利害は、野放しの状態では基本的にまったく一致しないのです。そこにうまく共通の目的や価値観、ルールなどを導入し、あるいはリーダー的な立場の人を作ることで、なんとか方向性を一致させ、同じ目的を達するようにします。

 今、日本ではデフレが問題になっていますが、その解決策がなかなか進まないのは、それぞれの関係者の利害が一致しないためです。

 こういうときにこそ、強いリーダーが目標と優先順位を掲げ、「この目標に従えば、あなたにとって最も利益が大きくなり、不利益が小さくなるのだ」ということを示す必要があるのです。

 すべては、どういう形であれば、相手が自主的に動くのかを理解するところから始まります。
スポンサーサイト
別窓 | Words | コメント:0 | トラックバック:0
ストレスとの向き合い方
2009-12-13 Sun 20:15
.ストレスの原因となる根本理由は把握できているか?
2.それが、本当に悪いストレスなのか、それとも視点を変えれば
  実は自分にとって、良い勉強になる良いストレスなのか分析してみたか?
3.そのストレスを乗り超えるために、十分努力はしたか?
4.全てを仕事のせい、他人のせい・・・と物事の非ばかりを気にして、
  感謝の心を忘れていないか?
5.自分のストレスのせいで、悪態をついたり、文句を言ったり、
  八つ当たりしたりして、他人に迷惑をかけて、
  自分の人間性を下げていないか?
別窓 | Words | コメント:0 | トラックバック:0
2009-12-13 Sun 19:50
LOVEには、
コンンディショナルLOVE(条件付の愛情)と、
アンコンディショナルLOVE(無条件の愛情)の
2通りがあると思います。

コンディショナルLOVE(条件付の愛情)は、
愛情を注ぐのに何かと条件をつけること、
「あなたが私を愛してくれるなら、
私もあなたを愛します」的な愛情。
「背が高くてハンサムなら、
彼氏にしても良いかしら」とか、
「あなたが優しくしてくれるなら
私も優しくします」など、不安定に
自分の愛情が環境や相手に振り回されやすく、
とかく愛情表現する時に条件をつけてしまう。

その反面、アンコンディショナルLOVE(無条件の愛情)は、
ちょうど母親が子供を思う愛情の様に、
小さい時にはおねしょをし、夜鳴きをし、
少し大きくなると反抗したりぶつかり合い、
またつらい思いもさせる、だけどそういった部分も許し、
受け止め、いつも変わらない無条件の愛情を注いでくれる。

または、自分が家族に対する気持ちも
それに似ている人が多いのでは?
どんなにけんかしたりしても、「あきらめ」とか
「がまん」よりも、なんだかんだ「許す」ことができ、
変わらぬ愛情を抱く事ができる。

最初からアンコンディショナルLOVEを
相手に注ぐ事が出来るのは、たぶん菩薩か
マザーテレサくらいでしょうが、
相手を無条件に受け止めようという思いと努力は、
お互いのアンコンディショナルLOVEに
少しづつつながってくのではないでしょうか?
そんな恋愛や結婚ができたら、本当に
心から安定し、幸せだなと思う。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
自分ばかり損をしていると思うな
2009-12-01 Tue 23:29
今週の勝間さんの言葉です。



この言葉は、読者の方からさまざまな人生相談を受ける中で、人生がうまくいく人となかなかうまくいかない人の差はここではないか、と気づいて言語化したものです。

 すなわち、「自分ばかり損をしている」と思った瞬間から被害者意識で周りへの感謝を失い、本当に自分ばかり損をするようになるという悪循環があると考えました。

 なかなか物事がうまくいかない人の悩みによくあるのは、「私はこんなに努力をしているのに認められません。周りの人から嫌われてしまいます。上司からつらく当たられています。友人関係もうまくいきません」というパターンです。つまり、悪いのはすべて周りか運なのです。

 一方、うまくいっている人の話を聞いていると、正直、たいへんだな、理不尽だな、と思う場面でも、それが自分にとっての糧になるという考え方を持っているのです。

 例えば、重い病気にかかったとしても、仕事が努力に比べてうまく結果が出なかったとしても、それを各段の不幸だとも、損をしているとも思っていないのです。

 運と不運は一定の確率で誰にでも回ってくると思います。しかし、その運と不運をどうやってとらえるのかということが、実は日々のやりがいや、より楽しい生き方の差になってしまうのです。

 「自分ばかり損をしている」と思う人は、起きたことについてマイナス面ばかり注目し、そこが自分にとって不利だ、不幸だ、物足りない、損だ、と思い込む傾向があります。そして、そのことを言葉にして、周りに愚痴を言ってしまいます。どんなにいいことがあったとしても、悪いことの方に目がいきがちで、不満が収まらないのです。当然、新しいことへの幸運の種も見えづらくなります。

 一方、「自分はいつも人生から新しいことを習っている」と考える人は、常に周りへの感謝を忘れません。不運なこと、つらいことがあったとしても、そこから自分にとっての幸運の種を見つけることができているのです。

 「自分は損ばかりしている」と考えることは、わざわざ自ら次の不幸を招くようなものです。ふだんから、過度な被害者意識を持たないように、日常生活の中で心がけてください。
別窓 | Words | コメント:0 | トラックバック:0
| LBW |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。