The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
TOEICの結果
2009-11-16 Mon 23:41
さてLiveで羽を伸ばしたあとは

お仕事&本気モードです。

10月末のTOEICの結果がwebで確認できました。

結果はなんとなく予想範囲。
急には上がらないし、下もなし。
日頃の実力が如実に出るなーと・・・・

ヒヤリングに自信がなかったのに
今回ヒヤリングは意外とよく、リスニングはお葬式状態。
速読に慣れてないんですね。

TOEICはあくまで目安で
独特のテクニックや、受験慣れもありますが
(それはスコアがよくない人のエクスキューズで)
それでもね・・・。

たまには受験して英語をさびないようにしていかないとです。
ただでさえ底力がないのですから。


次の受験は1/31(日)にしようと思います。
次こそは850点越えしたいです。あと2か月半あるからできる!!



m-floやloves familyはインターナショナルスクール出身が多いので
ライブのMCもつい英語。
歌詞もスラングで・・・
こんな英語を使いこなせたらかっこいいな~♪とほれぼれ。

12/22(火)に新木場のageHa@studio coastでもライブ(DJ中心?)があるそうなので
チケット応募してみます。

スポンサーサイト
別窓 | Learn English & Korea | コメント:0 | トラックバック:0
座右の銘
2009-11-15 Sun 17:21
・人生に無駄なことはひとつもない
・忙しくなったら「私って人気者!」と唱える
・信用は細部に宿る
・為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり
・心は体の反応によって決まる。だから笑う!
別窓 | Words | コメント:0 | トラックバック:0
やなせたかしさんの詩
2009-11-15 Sun 03:35
ぼくの生き方   やなせたかし


ひとは何のために生まれたか
ひとはひとを喜ばせるために生まれた
なぜなら
この世はさびしくてつらい
人生はとても速く過ぎる
今日の紅顔 明日は白骨
それならば
なるべく楽しく生きたい
ひとの最大のよろこびは
ひとをよろこばせること
なぐさめあって生きていくこと
喧嘩なんかはとんでもない
それは人生の無駄づかい
と ぼくは思ったが
よろこばせるのが
むつかしい
美しく生まれたひとは
それだけでひとがよろこぶ
歌のうまいひとは
歌えばよろこぶ
ぼくは
みかけもよくない うーん 残念!
才能もない
大芸術家にはなれない
政治家も無理
学者になるには勉強が不足
考えあぐねて
ぼくは絵本や童話や漫画をかいた
それでもひどく下手くそで
面白いですか
よろこんでくれていますか
ただそれだけでかき続けた
日暮れてはるかに道は遠いが
好きな仕事をしているから
ぼくは毎日うれしかった
苦しむことがよろこびだった
たったひとりのひとでもいい
それから さんにん また よにん
すこしづつ よろこぶひとを ふやす
それがぼくの生き方で
巨匠や名人にはとてもなれない
なりたくもない
非凡なひとではないのだから
あんまり
大それた願いはぼくにはむかない
もしも
あなたがここまで読んで
ひどくがっかりしたとすれば
心の底から ぼくはあやまる

別窓 | Words | コメント:0 | トラックバック:0
m-flo!
2009-11-14 Sat 23:11
m-floのライブに行ってきました。
m-flo


大好きな「miss you」はなかったけれど
LISA、BoA、日之内エミ、Ryohei、Emily、Yoshika、CHEMISTRY、Crystal Kay、Chara、MINMI、Bonni Pink、Dopamin Panda。
あとちょっとわからなかったけれど韓国の方と
すごい、すごいスペシャルゲストで感激でした。

誰誰のコンサートで失神する人がいました、なんてニュースがあったけれど
(ビートルズだっけ、マイケルジャクソンかな?)
開始当初胸がいっぱいでドキドキで
その気持ちがちょっぴりわかりました。

踊りまくって汗ばみましたが
おかげさまでちょっぴりやせました☆
Dance&Musicは生きるエネルギーですね。

途中では番組企画のサプライズが。
女性はこういうシチュエーション好きかもしれません。
何よりよかったです。

今夜は感激でテンション↑
ありがとう☆☆☆

明日のライブチケットもあったのですが譲ってしまいました。
ゲストも曲目も違うそうなので
明日も行けばよかったな~。
次のライブにもまた行きたいな。

は~m-flo最高です。ありがとう!!!
別窓 | Music | コメント:0 | トラックバック:0
2009-11-08 Sun 23:01
今週のお花はピンクとベルベッドがテーマです☆
☆☆☆
別窓 | Flowers | コメント:0 | トラックバック:0
批判は認められたい欲求の裏返しである
2009-11-03 Tue 13:23
勝間和代さんのコラムより。

本日も目から鱗。

最近、会社の変革期なのか
上司の経営力、指導力のなさなのか
社員同士が悪口を言い合ったり、批判、ねたんだり
上司への不満
自分は正当な評価を受けていない。
利益を出すことはもとより
社員を育てる環境じゃない・・・・とぐるぐる不満が多いんです。

私も上司が自分の仕事を把握していなかったことに
あきれてしまいました。

で、そんな環境だと社員同士で飲みにいくと
必ず不満と他人の悪口が出ます。
職場でも普通にその社員がいないところでその人の悪口を言っていたり。。。

あれれ・・・
これって以前のあまくだり企業にそっくり。
業績が悪いから、こうなっていくのかな。
この会社も腐りはじめているんだなーと。

で、この勝間さんの言葉を聞いて
批判って
自分をもっと評価してほしい欲求なんだな~と思ったら
皆そうだよね。
がんばってることを評価して
もっと仕事でがんばる気持ちになりたいよね、と思ったら
悪口ばかり言ってる器の小さい方々も看過できるのかな
(絶対悪口大会には参加しませんが)と広い心を持てるかもしれません。

といっても今の状況はあまりよくありません。
かといって社員である限り急には変わりません。
(今のことろ今の職場でスキルを伸ばすことしか考えてないし)
組織も悪化することはあっても
そうそう好転しないでしょう。
自分が、自分たちが考え方や取組を変えるしかありません。
じゃぁ私が社員がついていけてない上司のポジションならどうするか・・・・ですねぇ。
不満を言うことは簡単だけど
お互い変えないといけないこともありますしね。



この言葉は今年、友人から習いました。私はそんなことをそれまで考えたこともなかったので、批判する相手への対応が、以前より的確にできるようになりました。

 これは何を言っているかというと、私のこのコラムの内容が「読みにくくてくだらない」と批判されたとします。いままでなら、その言葉を聞いた私は「ドーーーン」と落ち込んでいたのですが、その人はなぜ、そういうことを言ったのかというと、その裏に「自分だったら、もっといい内容を話せるし、書ける」という考えが背景にあるかもしれないという意味なのです。

 そして、例えば自分は勝間よりもいい言葉を知っているし、コラムを書く能力があるのに、その機会がない、自分の能力が認められていない、という無意識の不満があり、それが相手(私)に対する批判という形で表れるのです。

 実際、私にも心当たりがあります。自分がコンサルティングや経営分析をする際に、特に自分が詳しいサービスほど必要以上に批判的で、非難的になるのです。

 なぜなら、知見が多いために穴も見えやすく、ついついあら探しをしてしまったり、欠点を考えたり、うまくいかないのではないかと突っ込んでしまったりします。

 これはすなわち、「自分の専門知識を相手にわからせたい」という承認欲求の裏返しなのでしょう。

 私はこのことにうすうす気づいていましたが、自己承認欲求の裏返しだと言葉にしてもらってから、すっきりしましたし、それを自覚することで、必要以上に攻撃的になることを避けられるようになったと感じています。

 逆に、自分がかかわったことについて批判されたときにも、相手の立場を考えて、どこまでの内容をアドバイスとして受け入れるべきか、そして、どこからが「見て、見て、見て、自分を認めて」という相手の自己承認の欲求なのかをある程度、見極められるようになってきました。

 自分の強みを持つことは大切ですが、自己承認の欲求が過ぎる余り、その強みを振り回して他者への批判や非難に転嫁するのは、大変、危険なことです。だからこそ、このような癖が私たち全体にあることを自覚すれば、必要以上の摩擦を防げると思います。
別窓 | Words | コメント:0 | トラックバック:0
サイドウェイズ
2009-11-03 Tue 05:55
公開間もない「サイドウェイズ」を見てきました。
本作は見たことないのですが
映画館を出たときに「つまらなかった」とも「おもしろかった!」とも言えない
不思議な作品です。

お金出して見たのだから
「つまらないとは言いたくない心理」が正解かもしれません。

自分の幸せの価値は自分が決める。
節目節目の選択や
投げ出したくなるほど、自暴自棄になるほどいやなことって誰にでもあるし
ある程度の年齢になるといいこといやなこと
ぜ~んぶひっくるめて人生の味わいかもしれません。

その人生の味わいの深みを「ワイン」にたとえた作品なのでしょうけど
日本版ではワインというアイテムが活かされてないような・・・
(ワインの知識は皆無ですが)


2004年公開の本作をDVDで見てみます。


菊池凛子さんが出演している作品は初めてみました。
特別美人、スタイルがいい方ではありませんが
存在感ありますね。
本作では工藤ゆきさんに似てると思いました。
舌ったらずなかわいい話し方で、女性同士はむかつくかもしれませんが
かわいいと思ってしまいました。
今更そんな口調で話せませんが、こんな話し方をしたら男性はいちころだと思います。

鈴木京香さんは
憧れ中の憧れの女性ですが
今回は役作りなのか・・・・
「老けちゃったな~」と思いました。
いや!役作りに違いない~><

サイドウェイズ
サイドウェイズ

その後はお気に入りのイタリアンのお店に。
ワインも食事も店主のこだわりを感じさせるお店ですが・・・・
訪れる度に
「またいきたい!」と心から思えるお店ではなくなっていて
(理由はわかりません)
昨日はやはり次はないかも、あって1回かな~と思った夜でした。
お値段と食事が合ってないのかもしれません。
食事は確かにおいしいのですが・・・・・・

それにしても昨晩は寒かったです。
電気毛布を出してしまいました。
別窓 | Movies | コメント:0 | トラックバック:0
ハローウィン
2009-11-01 Sun 11:43
Hallowin

昨日はハローウィンでしたね。
部屋のデコレーションももう変更しないとです。

昨日は都内で仮装して騒いでいる大人を何度か見かけました。
大人の仮想って見慣れないせいか
外で見ると
騒ぎすぎの方ってどんびきしてしまいます・・・・^^;

それでもこんな飾りを見るだけでテンションアップです。
別窓 | Life | コメント:0 | トラックバック:0
| LBW |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。